インプラントとブリッジの違いを色々知りたい!にお答えします

歯を失ってしまった後の治療方法で悩んでいる人も多く見られると思います。

今回はインプラントブリッジの違いについて色々と解説しますので是非参考になさって下さい。

この記事でわかる事
  • インプラントとブリッジの大きな違いは咬合力・審美性・保険適応の有無である
  • ブリッジは土台の歯を削らなくてはいけないがインプラントは影響がない
  • ブリッジに比べてインプラントは治療期間が長い

インプラントとブリッジの違いを項目別にお答えします

インプラントブリッジ
審美性自費診療なので、見た目に配慮できる金属になってしまう部位もある
保険適応保険適応外保険適応
手術ありなし
治療の期間4ヶ月〜1年未満短期間
機能性天然歯と比べて90%位の力で噛める天然歯と比べて70%位の力で噛める
寿命9割の人が10年〜15年使い続けている7年〜8年
治療の条件全身疾患や歯周疾患がある人は不可能な場合がある支えとなる歯が健康である事
土台の歯の影響特に影響なし健康な歯でも削らなくてはいけない

インプラントとブリッジのメリット、デメリットについてお答えします

インプラントのメリット

  • 天然歯と同じ感覚で噛む事が出来る
  • 自費診療なので審美性を配慮できる
  • 隣在歯に負担を掛ける事がない、削る必要がない

インプラントのデメリット

  • 保険適応外なので金額が高くなる
  • 全身疾患がある場合はインプラント治療を受けられない場合がある
  • 手術から被せ物が入るまでの期間が長い

ブリッジのメリット

  • 保険適応なので金額が高くならない
  • 固定式なので違和感が少ない
  • 保険適応外の場合は審美性を配慮できる

ブリッジのデメリット

  • 土台の歯が健康な歯でも削らなくてはいけない
  • 土台の歯が虫歯や歯周病になったら外さなくてはいけない
  • 保険診療の場合は失った歯の本数で適応できない場合がある
  • 保険診療の場合は金属になる場合もある

まとめ

いかがでしたか?

ブリッジとインプラントはそれぞれメリット、デメリットがあります。

いずれも歯を失ってしまった後の大切な治療になります。生活スタイルによっても変わりますので、しっかりと理解されてから治療される事をお勧めします。