インプラントはなぜメンテナンスが必要なの?メンテナンスの頻度や費用についても解説

インプラント治療後はメンテナンスが必須となります。

今回はインプラントはなぜメンテナンスが必要なの?の疑問にお答えします。

この記事でわかる事
  • インプラントはインプラント周囲炎になる可能性があるので歯科医師や歯科衛生士によるアフターケアが必須である
  • 定期的にメンテナンスを受けないと製品保証の対象外になる場合がある
  • 定期的なメンテナンスを受ける事により、インプラントや天然歯を守る事が可能である

インプラントはなぜメンテナンスが必要なの?

インプラント周囲炎になる可能性がある

インプラント周囲炎とは天然歯の歯周病と同じように歯茎が腫れたり膿が出てしまい、炎症症状が続くと骨が溶けて抜けてしまう症状で、歯周病よりも早いスピードで進行してしまう事が多いのが特徴です。

インプラントの構造は天然歯よりも複雑なのでセルフケアだけでは不十分ですし、磨き残しが見られるとそこの部分から歯石が付着してインプラント周囲炎になってしまいます。

ですのでクリニックでしっかりとメンテナンスを行なってもらいましょう。

製品保証の対象外になる場合がある

インプラントは通常、保証期間を設けていますが、クリニックによっては定められた期間でメンテナンスに来院がない場合、製品保証の対象外になる場合があります。

他の歯もしっかり守る事ができる

インプラントを長く維持するためには口腔内の全体的な管理が不可欠です。

インプラントが埋まっている部位の周りの歯が歯周病の場合、同じように歯茎が腫れてしまったり、骨が溶かされてしまいます。

ですので、メンテナンスで天然歯のケアもしっかりと行いましょう。

クリニックのメンテナンス内容についてお答えします

  • レントゲン撮影
  • PMTC(クリーニング)
  • ブラッシング指導
  • 噛み合わせのチェックや虫歯のチェック

PMTC(クリーニング)について

PMTCとは歯科医師国家資格を持った歯科衛生士が(Professional )機械を使い(Mechanical )歯を(Tooth)クリーニング(Cleaning)する略です。

主に歯石取り、バイオフィルム(最近の塊)の除去、歯面清掃で歯をツルツルにする事により、バイオフィルムが付きにくくします。

セルフケアでは手の届かない歯と歯の間や歯周ポケットのプラークもクリーニングする事が可能です。

また、インプラントに歯石が付着してしまった場合も、特殊な機械で歯石を取ります。

個々に合ったブラッシング指導について

お口の中は人それぞれです。虫歯が多い人と歯周病タイプの人では歯ブラシの硬さや使う歯磨き粉も変わってきます。

インプラントが埋まっている所は構造が複雑ですのでしっかりと歯科医師や歯科衛生士にどのような物を使うべきか、指導してもらいましょう。

インプラント周囲炎にならないようにする為には毎日の正しいセルフケアがとても重要となります。

セルフケアについて

  • ブラッシング
  • デンタルフロス、歯間ブラシ
  • デンタルリンス

上記でも述べましたが、インプラント周囲炎は毎日のセルフケアがとても重要です。

セルフケアの基本はブラッシングです。インプラントの構造はとても複雑ですので丁寧なブラッシングを心がけて下さい。

しかし、歯ブラシだけでは不十分なのでデンタルフロスや歯間ブラシも必須となります。

デンタルリンスもバイオフィルムに働きかけてくれますのでとても有効的です。

歯科医師や歯科衛生士の指導の元、ご自身に合った物を正しく使いましょう。

メンテナンスの頻度や時間、料金について

メンテナンスの頻度や時間について

口腔内の状態によって異なりますが、少なくとも1年に2〜4回程度のメンテナンスが必要です。

時間は30分〜1時間となります。

クリニックで定められた回数を守らなければ保証の対象外になったしまう場合が多いのでしっかりと確認してメンテナンスに通う習慣を付けましょう。

メンテナンスの料金について

こちらもクリニックによって異なりますが平均的に3,000円〜11,000円となっています。

まとめ

いかがでしたか?

インプラント治療後のメンテナンスについてお話をさせて頂きました。

インプラントはメンテナンスが必須となります。

セルフケアと歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルを受けて管理する事により、長く使う事が十分可能ですので、しっかりと管理をしてくださいね。