差し歯とインプラントは違いがあるの?メリットデメリットも解説します!

差し歯・・・自分の歯根に被せ物を被せる治療

インプラント・・・自分の歯根が失われてしまった部位に人工歯根を埋めて被せ物を被せる治療

差し歯とインプラントは何が違うの?

差し歯とインプラントは同じ物だと思われる人も多くみられますが
実際は全く違います。

今回は差し歯とインプラントの違いやメリット、デメリット、価格などを徹底解説します。

差し歯とは?

差し歯とは歯の見えている部分(歯冠部)が失われ、歯根が残っている場合(歯根部)、その歯根に人工的な歯を被せます。

ですので、差し歯は自分の根が残っている場合のみの適応になります。

もし虫歯や歯周病で全部の歯が失われてしまった場合は差し歯を選択する事が出来ません。

メリット

  • 自分の根は残るので不自由なく噛める
  • 保険で白い歯を入れる事ができるので金額が安く済む(口腔内の状態によって適応出来ない場合がある)
  • 自費診療を選択した場合は見た目や材質を自由に選択する事ができる

デメリット

  • 保険診療の場合は通常前歯は硬質プラスチックの材質なので将来的に変色する
  • 神経を失った歯根は咬む力に耐えられず折れてしまう事がある
  • 歯根が虫歯になってしまう事があり、神経を失った歯は痛みを感じないため、虫歯に気付きにくい場合が多い
  • 自費診療の場合は高額になってしまう

インプラントとは?

インプラントとは歯根が失われてしまった部位に人工的な歯根を埋めて被せ物を作る治療方法です。

メリット

  • 人工歯根を埋めるので天然歯と変わらず噛める事が出来る
  • 見た目も考慮できる
  • 隣の歯に負担が掛からない

デメリット

  • 構造が複雑なので磨きづらい
  • 保険対象外なので高額になる
  • 手術から被せ物が入るまで時間がかかる

差し歯とインプラントを項目別にお答えします

差し歯インプラント
審美性自費の差し歯・・素材を選べるので見た目に配慮できる
保険の差し歯 ・・素材が決まっているので見た目に配慮出来ない
自費診療のみなので見た目に配慮できる
保険適応保険適応あり保険適応なし
手術特別な症例でない限り手術なし手術あり
治療の期間2週間〜1ヶ月4ヶ月〜1年未満
値段自費の差し歯 1本あたり6万円〜15万円(素材で異なる)
保険の差し歯 1本あたり数千円(負担率で異なる)
1本あたり20万円〜40万円
寿命平均7年〜10年平均10年〜15年
治療の条件特になし全身的な疾患で制限あり

まとめ

いかがでしたか?

それぞれ差し歯とインプラントの違いについて解説しました。

差し歯とインプラントの一番の違いは歯根が残っているか、残っていないかです。

インプラント治療は自費診療のみですが差し歯は保険対応で一般的な治療です。