インプラント手術を予定していますがお酒を飲んでも良いですか?

この記事でわかること

・手術前日のお酒に関しては過度な摂取をしない限りは飲んでも問題はない

・インプラント手術が終わった当日〜1週間ほどのお酒は控える

インプラント前日の飲酒について

前日のお酒に関しては過度な摂取をしない限りは飲んで頂いても大丈夫ですが、アルコールは免疫力が低下してしまうので、可能でしたら前日は控えた方が良いです。

そして充分は睡眠を取って体調を整えましょう。

インプラント当日〜手術後のお酒について

お酒を飲むと血行が良くなり、手術部位が腫れたり、出血して痛みが出る事があります。
インプラント手術が終わった当日〜1週間ほどのお酒は控えて下さい。

インプラント手術後の飲酒がダメな3つの理由について

お酒を飲むと炎症を起こし、痛みが出る

上記でも述べましたが、お酒を飲むと血行が良くなり、手術部位が腫れたり、出血を起こしたりして痛みが出る場合があります。

お酒を飲むと薬が効かない

インプラント手術後の3日間〜1週間位は感染予防や痛みの予防で薬を服用しますが、お酒を飲むと薬が効きづらく、感染を起こしてしまったり、痛みが引かない場合があります。

お酒は免疫力を低下させるので術後の経過に悪影響を及ぼす場合がある

インプラント手術は歯茎や骨に穴を開ける手術ですので口腔内が怪我をしている状態です。
修復するためには免疫力を高めなければいけません。

免疫力が低下すると、身体機能の回復を遅らせてしまうため、術後の経過に悪影響を及ばします。

インプラント手術後に気を付けなければいけない事について

インプラント手術後はお酒以外にも気を付けなければならない事があります。

インプラント手術後の口腔ケアについて

インプラント手術後の口腔ケアで気をつけたい事は以下の2つです

  • インプラント手術を終えたばかりの部位は歯ブラシで磨かない
  • インプラント手術部位以外の歯は通常通り行なっても良い

インプラント手術を終えたばかりの歯はだいたい7日〜10日位は歯ブラシで磨かないようにして下さい。

他の歯に関しては通常通り、ケアをして下さいね。

タバコについて

インプラントに関わらず、天然歯にもタバコは良くありません。

タバコがインプラントに悪影響な主な理由は以下になります。

  • タバコを吸うとインプラントと骨がくっ付かない場合がある
  • タバコは免疫力を低下させる
  • タバコを吸うと唾液量が低下する
  • 喫煙者はインプラント保証の対象外になる場合が多い

喫煙者はインプラントの早期脱落の原因の1つです。

口腔内を健康に保つ組織を不健康にしてしまうので、長くインプラントを使う為にも禁煙を心掛けて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

インプラント手術後のお酒は炎症を起こして痛みが出たり、薬が効かない可能性もありますので、1週間位はお控え下さい。